メイタタのしもべ日記

マサイ族の彼氏と遠距離恋愛中の看護師

8ヶ月ぶりのマサイ村

ダルエスサラームからマサイ村へ帰る日がやってきた。

村の子どもたちにクリスマスプレゼントを買って、いざバスターミナルへ。

 

クリスマスの帰省ラッシュで、バスターミナルは人だらけ。ハンデニ行きのバス停にたどり着いたが、1回目のバスには乗れず次のバスを待つ。

ロマが誰かに電話して、男の人がやってきた。どうやらこの人がバスチケットを売っている人らしい。

ロマは事あるごとに電話番号を色んな人に聞く。役所の人もそうだったし、タクシーも、パスポートセンターのおばちゃんも。何かしら関わった人に電話番号を聞いていくのでどんどん連絡先が増えていく。

こっちではこれが普通なのか…?

 

バスチケットを買って、小一時間待った。

バスの席が一番前で、足元が広いし乗り降りしたすくてラッキーだった。

バスが出発する時刻を過ぎても物売りのおばちゃんやお兄ちゃんが出たり入ったりしていた。

水、チップス、ケーキ、クッキー、パン、ナッツ、充電器、スマホのカバーなどありとあらゆる物をカゴに入れて「どう?」と目の前に差し出される。お腹が空いていなかったので、何も買わずに窓の外を眺めていた。

バスの中もクーラーがかかっているのかいないのかわからない暑さで、みんな窓を開けて出発を待っている。

 

30分遅れで出発。

運転はかなりアグレッシブで、日本なら煽り運転と称される類にばっちり当てはまる。

目の前を走っているバイクを退かせるのに、車間距離を詰めてクラクションを鳴らす。

助手(?)みたいなお兄ちゃんが窓から顔を出して、手で「退いて!」と合図する。

それでも退かないんだから、すごいなあと感心してしまう。

トラックやトゥクトゥクなんかも容赦なく抜いていく。クラクションを鳴らしながらのごぼう抜き、一瞬片側二車線だっけな?と勘違いしそうになるが片側一車線である。

 

この国で運転するのは無理だ(元々ペーパードライバーだし)。そう思いながらいつのまにか眠りについた。

14:30に出たバスは、20:00にハンデニに到着した。ここから村までバイクかトゥクトゥクで1時間かかるので、今夜はハンデニに一泊することにした。

 

1泊20000シリングの宿に泊まり、蚊に刺されまくり朝を迎えた。

ハンデニの役所に寄ってから、色々買い揃えてロマの運転するバイクで村へ。

1時間、未舗装の道をバウンドしながら久しぶりのマサイ村に帰ってきた。

 

ママが走ってこっちに来る。

めちゃめちゃいっぱい話しかけてくれるけど、何もわからない。ただただ、久しぶりの再会を喜んでくれているのがわかる。

妹たちも同じだ。

やっとたどり着いたマサイ村。

隣近所の人たちも挨拶に来てくれた、長老にも挨拶しに行って日本のお土産を渡すと大層喜んでくれた。

長老の首からはいつも袋がぶら下がっていて、かなり痛んでいたのでユニクロで新しい巾着を買っていった。それがとても嬉しかったらしい。

次の日、早速首には新しい巾着がぶら下がっていた。

 

次回、お土産は何が一番喜ばれたか。

私が思うランキングを載せようと思います。

 

f:id:meitatanoshimobe:20231223183520j:image

前回私を怖がって寄ってこなかったケニーが一緒に遊んでくれるようになった!

 

8ヶ月ぶりのマサイ村

ダルエスサラームからマサイ村へ帰る日がやってきた。

村の子どもたちにクリスマスプレゼントを買って、いざバスターミナルへ。

 

クリスマスの帰省ラッシュで、バスターミナルは人だらけ。ハンデニ行きのバス停にたどり着いたが、1回目のバスには乗れず次のバスを待つ。

ロマが誰かに電話して、男の人がやってきた。どうやらこの人がバスチケットを売っている人らしい。

ロマは事あるごとに電話番号を色んな人に聞く。役所の人もそうだったし、タクシーも、パスポートセンターのおばちゃんも。何かしら関わった人に電話番号を聞いていくのでどんどん連絡先が増えていく。

こっちではこれが普通なのか…?

 

バスチケットを買って、小一時間待った。

バスの席が一番前で、足元が広いし乗り降りしたすくてラッキーだった。

バスが出発する時刻を過ぎても物売りのおばちゃんやお兄ちゃんが出たり入ったりしていた。

水、チップス、ケーキ、クッキー、パン、ナッツ、充電器、スマホのカバーなどありとあらゆる物をカゴに入れて「どう?」と目の前に差し出される。お腹が空いていなかったので、何も買わずに窓の外を眺めていた。

バスの中もクーラーがかかっているのかいないのかわからない暑さで、みんな窓を開けて出発を待っている。

 

30分遅れで出発。

運転はかなりアグレッシブで、日本なら煽り運転と称される類にばっちり当てはまる。

目の前を走っているバイクを退かせるのに、車間距離を詰めてクラクションを鳴らす。

助手(?)みたいなお兄ちゃんが窓から顔を出して、手で「退いて!」と合図する。

それでも退かないんだから、すごいなあと感心してしまう。

トラックやトゥクトゥクなんかも容赦なく抜いていく。クラクションを鳴らしながらのごぼう抜き、一瞬片側二車線だっけな?と勘違いしそうになるが片側一車線である。

 

この国で運転するのは無理だ(元々ペーパードライバーだし)。そう思いながらいつのまにか眠りについた。

14:30に出たバスは、20:00にハンデニに到着した。ここから村までバイクかトゥクトゥクで1時間かかるので、今夜はハンデニに一泊することにした。

 

1泊20000シリングの宿に泊まり、蚊に刺されまくり朝を迎えた。

ハンデニの役所に寄ってから、色々買い揃えてロマの運転するバイクで村へ。

1時間、未舗装の道をバウンドしながら久しぶりのマサイ村に帰ってきた。

 

ママが走ってこっちに来る。

めちゃめちゃいっぱい話しかけてくれるけど、何もわからない。ただただ、久しぶりの再会を喜んでくれているのがわかる。

妹たちも同じだ。

やっとたどり着いたマサイ村。

隣近所の人たちも挨拶に来てくれた、長老にも挨拶しに行って日本のお土産を渡すと大層喜んでくれた。

長老の首からはいつも袋がぶら下がっていて、かなり痛んでいたのでユニクロで新しい巾着を買っていった。それがとても嬉しかったらしい。

次の日、早速首には新しい巾着がぶら下がっていた。

 

次回、お土産は何が一番喜ばれたか。

私が思うランキングを載せようと思います。

 

f:id:meitatanoshimobe:20231223183520j:image

前回私を怖がって寄ってこなかったケニーが一緒に遊んでくれるようになった!

 

ロマと喧嘩した話

先日、些細なことでロマと喧嘩になった。

いつもはしばらく口を聞かないで、そのうち元に戻るのだが、今回は私も腹に据えかねて読みかけの本を持って外に出た。

 

外は30度以上の灼熱のダルエスサラーム

日陰を探そうと、前にロマと散歩した道を辿って広いグラウンドに出た。

なにしろ財布もスマホもない、日陰で休まないと乾涸びてしまう。

グラウンドの隅っこに木が生えていて、木を境に柵が張られており中には何か建物がある。

中に入らず縁石に腰を下ろして休んでいると、中にいる男の人が「どうしたの?」と声をかけてくれた。

 

「なんかあったの?ここ座りな」

と椅子まで勧めてくれた。

ご好意に甘えて、椅子に座って彼としばらく喋っていた。

「彼氏と喧嘩して、本だけ持って出てきたの」

「え!彼氏と喧嘩?叩かれた?」

「ううん、言い合いしただけ。叩かれたらすぐ別れるよ」

「彼氏はタンザニアの人?」

「そう、タンガに住んでるマサイ」

「あ〜!僕もマサイなんだよ。」

 

目の前の丸顔の人の良さそうなおじさんは元々違う地域に住んでいたマサイで、仕事でダルエスサラームに来たらしい。

よくよく話を聞くとここはポリスステーション。確かにPOLISIってかいてある。

だから心配してくれたのかーと思っているとトヨタランクルが敷地内に入ってきた。

皆さん手にライフルを持っている。

 

「おー!カリブ〜(ウェルカム)」

たちまちおじさんたちに囲まれてスワヒリ語で話しかけられる、が、さっぱりわからない。

マサイのおじさんが英語で通訳してくれて何となく話の道筋だけはわかった。

昼休みで一旦帰ってきてみたら、客人がいるので何事かと思った。彼氏とまた何か喧嘩したらここに来い、俺たちは味方だからな。

という内容。

最初はライフルにビビって及び腰だったけれど、小一時間喋って仲良くなった。

昼休みが終わって彼らはまたランクルに乗って去って行った。

 

マサイのおじさんにお礼を言って、ホテルに戻った。

ロマが心配そうな顔をして寄ってくる。

「ロビーに居るかと思ったらいなくて、この辺全部探したんだよ。無事で良かった。ごめんね」

お互いに頭が冷えて、仲直りした。

 

ロマ曰く、私が出て行ってすぐに不貞寝したら私の夢を見た。

私がダルエスサラームから離れて、初めて出会ったブユニ(ザンジバル)に行ってしまう。「もし、私の事を愛しているならブユニまで来て」というところで目が覚めた。

探しても見つからないので、本当にブユニに行ったのか焦ったと。

 

この夜、初めて出会った時のことを、ロマがどう思ってたのかを話してくれた。

初めて会ったその時に恋に落ちた。

ウミヘビを捕まえようとしていた私のどの辺に惚れたのかはわからない。

出会って何日か経って、勇気を振り絞って私の手を握ろうとしたら「ロマ、私たち友達なんだから。手を離して?」と私に一蹴されて落ち込んだ。

彼はシャイなので、お酒を飲んで再度アプローチしたが「私たち友達でしょ?」と断られ「ああ、タタって難しい!!」。

最終的に今の関係になれてとっても嬉しかったんだとか。

 

ロマと出会ってこうして一緒にいることが奇跡みたいな事なのに、どうしてしょうもない喧嘩なんてしたんだろう。

喧嘩の原因は大まかに言うと牛。

マサイと牛の絆にはまだまだ敵いそうにない。

 

f:id:meitatanoshimobe:20231222153027j:image

マサイ彼氏、本当の誕生日を知る

マサイは誕生日に対する意識が希薄だ。

ロマの両親あたりになると、西暦何年産まれかも怪しい。

祖父(長老)なんてもっと曖昧だ。

何歳っていう概念があまりない。

なぜなら、マサイは人生がステージに区分されているからだ。

幼少期、戦士の時代、長老の時代という感じで分けられているため「何歳」というのは大した意味を持たない。ライフステージこそが大切なのだ。

昔の日本でいう元服とか、そんな感じだと私は思っている。

 

結婚しても子供が産まれても役所に届け出る習慣がないため、国としてもマサイの正確な人数を把握しきれないのだとか。

Wikipediaで見ても推定って書いてあるのはこのせいか?

 

というのも、今までロマは1993年生まれと思っていたがいざ公式な証明書を照らし合わせてみたら1994年だった。

本人に聞いても「1994って書いてある。知らんけど」大して興味も無さそうだ。

私の年齢も「年齢なんてただの数字でしょ?」と気にする様子全くなし。

お隣の国、ケニアに住んでいる永松真紀さんの旦那ジャクソンさん(マサイの長老)も正確な生まれ年を知らなかった。

パスポート申請時に役所の職員がジャクソンさんの顔を見て「んー〇〇歳くらいかな」と職員が生年月日を決めて、それがパスポートに記載されている。

ゆるふわ具合がすごい。

 

ロマの数字に対しての考え方が私とは全く違う。

身長も体重も靴のサイズも知らない。

服のサイズも知らない、着てみてフィットしたやつを買う。

でも特に問題はないという。

 

数字の持つ平等性、公平性は何かを評価する時には大変便利な指標だ。

ただ、それが持つ意味以上に数字に縛られて息苦しく感じてしまうのも一面。

テストの点数だったり、思春期以降の体重や身長、年齢。

そういった事に振り回されず、悠々と生きているロマを羨ましくも思う。

 

本当の誕生日もわかったところで、あとは書類が出来上がるのを待つだけ。

上手くいきますように…!

 

f:id:meitatanoshimobe:20231219185133j:image

日本の田舎からタンザニアの田舎へ

土日は役所が閉まっているのを良いことに、堕落した生活を送っていた。

ホテルに篭ってYouTube見てランチ食べて昼寝して。またなんか食べて寝る。

2倍速で働いていた自分にとっては天国みたいな状況だが、流石に疑問も浮かぶ。もはや日本にいるのとタンザニアにいる違いはない。

違いがあるとすれば、ロマがそばに居ることだけだ。

 

日曜日、これは余りにも酷い生活だと気がついた私たちは散歩に出かけた。

大通りに出れば舗装された道路だが、それ以外は凸凹の未舗装の道路。

晴れていれば埃がすごいし、雨なら泥の中をすすまなければならない。

 

ロマと歩いていると、道端にいる人たちから声をかけられる。

「マサイ!*^%#“<;|」
ロマもなんか喋っている。

でも立ち止まることはない。

歩きながらどんどん遠ざかる中で大声で返事をし合うその感じ。止まらんのかーいと思うけど、いちいち止まってたら進めないくらい話しかけられる。

 

「何話してたの?」

「タタのこと綺麗だねって言ってたの」

ほんまか?身なりが綺麗ってこと?

今まで生きてきて綺麗っていう単語は「部屋綺麗だね」意外に言われたことない私は訝しげな眼差しでロマを見る。

ロマにとっては綺麗で可愛い最高の彼女なので「当然でしょ!」って感じで私を見ている。

美意識の違いか、ロマの思い込みか… 

世界で親以外に自分を可愛いと思ってくれる人がいるなんて、大事にしなきゃなあ。

 

大都会ダルエスサラーム、人の数も多いしその分マサイにも出会う。

ロマもマサイに出会ったら、止まって立ち話をしている。本人同士が知り合いじゃなくても、何らかのコミュニティで繋がっているマサイネットワーク。

 

何だか自分が生まれ育った田舎の村を思い出す。

狭いコミュニティで、山に囲まれていて日が暮れるのも早いし電車もなくて閉塞感を感じていた。学生の頃はとにかく早く外に出たかった。米津玄師さんじゃないけど、「もうどこにも行けない」と思って都会に出たかった15歳は40歳になってまた田舎の村に行こうとしている。しかもタンザニアで。

 

でも、あの時感じた閉塞感を今は感じない。

アフリカの広大な大地がそうさせるのか、はたまた何処へでも行ける大人になったからなのか。

どこでも生きていける、なんだかそう思わせてくれるアフリカの大地。

今日(月曜)からまた、一つずつ課題をクリアしていこう。

 

f:id:meitatanoshimobe:20231218150648j:image

UNIQLOのTシャツを喜んで着るロマ

マルチリンガルの集い

タンザニアに着いた日は、さすがに疲れていてロマにマッサージして貰いながら眠りについた。

 

翌日、色々な手続きのために役所関係を巡ってホテルに戻ってバタンキュー。

その手続き関係を巡っている時に、こっちに住んでいるしおりちゃんに色々と情報を聞いていた。そしたら、しおりちゃんと夜にごはんに行けることになった。

 

私が彼女を知ったのは去年の夏。

アフリカ旅行の情報収集をしようとインスタを見ていたら彼女のアカウントを見つけてフォローさせて貰った。そっから、TikTokとかYouTubeとかnoteとか見させて貰って、早い話が私はしおりちゃんのファンなのだ。

しおりちゃんはオーストラリアの大学を出て、タンザニアザンジバルに就職で来て、職場で知り合ったマサイの旦那さんと結婚して今に至る。

 

推しに会える!しかもタンザニアで!

しおりちゃんが私たちが滞在するホテルまで来てくれるというので、ワクワクしながら待っていた。

ホテルの表に来てくれて、私たちが裏側に居たのでレセプションを通って表に出ると姿が見えない。するとその辺にいるおっちゃんたちが「あっちあっち」

と指を指す方に彼女は居た。

「はじめまして!」

初めて会ったのに、初めてじゃない感じがした。

 

SNSで見たまんまのしおりちゃん。

近くのホテルのレストランでお喋りしたけれど、もうめちゃくちゃ楽しくてロマを置いてけぼりにしてしまった。

すると、見知らぬマサイ(マルコ)とイタリア人の女性(Carra)がやってきて一緒にお喋りしたんだけどこの5人の会話がまたおもしろい。

まず、皆んなで話すのは英語、しおりちゃんと私は日本語、ロマとマルコはマサイ語、マルコとCarraはイタリア語、しおりちゃんとロマとマルコはスワヒリ語

言語多すぎ!

そしてみんなマルチリンガル

私だけ日本語と微妙な英語。みんな言語能力高すぎん?!

しおりちゃん曰く、今はもう英語よりスワヒリ語の方が喋れるらしい。1年半くらいでこんな喋れるの?ってくらい喋れる。すごい。

 

この先私はスワヒリ語話者になれるのだろうか、なるしかない。

ロマはともかく、家族と話がしたいからスワヒリ語(出来ればマサイ語)を日常会話まで高めたい…!

今のところ私のスワヒリ語はビギナー中のビギナー、ここからの頑張りを自分に期待。

 

f:id:meitatanoshimobe:20231217141821j:image

市役所のおじさんとロマが喋っているけど、何にもわからない私。

灼熱のタンザニア

ダルエスサラームにある国際空港に着いた瞬間、熱風を感じる。

機内アナウンスによると14:00現在の気温は35度。

12月の日本の格好で降り立った私はゆでダコになる未来しかない。

 

検疫でアジア人がわんさか並んで何かを提出している。まだコロナワクチン証明見せるんだっけ??と思って近寄って行ったら、スタッフに「どっからきたの?」と聞かれて日本ですと答えると通してくれた。

どうやら中国人はワクチン証明を見せなきゃいけない模様。第一関門クリアして向かうはアライバルVISA申請。

 

色々あってネットで申請できなかったVISA。

アライバルビザは長蛇の列、なんでみんなビザ取ってこないの!と自分のことは棚に上げて列に並ぶ。

ここは日本ではない。

列に並んでても割り込み上等、目の前にいるインド人とケニア人が「私だって子供連れて待ってるのよ、みんな早くしたいのは一緒なんだから!」と喧嘩している。

割り込んだインド人のお母ちゃんは素知らぬ顔で自分の書類をグイグイ提出している。強い…!

 

私は大人しくインド人ファミリーの後ろに並んでいると、これまた誰かが割り込んでくる。

するとファミリーが「この子先に並んでたのよ、この子からしてあげて」と私を押し出してくれた。ありがとう、ファミリー。

 

到着してから小一時間、ようやくVISA申請が完了して預け入れ荷物を見に行くととっくにターンテーブルは止まっており床に大量の荷物が置いてある。

自分の荷物を取って、いざ出口へ。

 

出てすぐに目に飛び込んできたのはたくさんの送迎の人たち。

いっぱいいる人の中から、一番に私の目に飛び込んできたのがロマ。

鮮やかなマサイシュカを纏って真っ直ぐに私を見ている。

8ヶ月ぶりに会う彼、24時間フライトの疲れも忘れて私は無意識に彼のもとへ走り出していた。

 

「タタ、久しぶり。こんなに痩せて、いっぱい働かせてごめんね」

「ロマ、会いたかったよ…」

と彼の腰に手を回す。

ん?

「ロマ…太った?」

「!!ママがいっぱい食べさせるから笑」

 

ちょっとぷっくりしたロマのお腹を揉みながら、灼熱の太陽と熱風を浴びて久しぶりのタンザニア訪問を嬉しく思うと共に、この裏起毛のズボンと長袖を早く脱ぎたいと思うのであった。

 

f:id:meitatanoshimobe:20231216145421j:image