メイタタのしもべ日記

マサイ族の彼氏と遠距離恋愛中の看護師

初めての確定申告

昨年3月末に病院を退職し、フリーターになって初めてやって参りました確定申告。

 

一度だけ、家を購入した年に会場に足を運んで何かしらした記憶はあるけれど大部分は病院の事務方がやってくれていたので今回は本当に「はじめての確定申告」である。

はじめのおつかいは何度見てもいいが、はじめての確定申告は目も当てられないミスの連発。

 

まず流行りに乗ってe-Taxのやり方を見る。

何を言っているのか半分もわからぬが、とりあえずやってみよう。

片手にスマホ、調べるようにパソコンをスタンバイさせ早5時間。これ、事業主の方は毎年やってるんですか?

 

一発目からもうわからない。e-Taxの緑のキャラをタップして、中に入るとマイナンバーを求められる。読み込む、これがまた絶妙に遅い読み込み。術中に「コッヘル」って言って0.5秒遅れくらいで渡される執刀医の気持ちを想像してみた。そんな歯痒さを味わいながら読み込み完了。

 

何やかんやしているとマイナポータルサイトに遷移、またマイナンバー読み込み、また違うe私書箱に遷移、またマイナンバー読み込み以下ループ。

マイナンバー読み込みストレスはMAX。

いかん!このループ断ち切らねば。

もう一回最初からやってみる、1ページに分からないことが3つは載っている。パソコンで調べる、打ち込む、調べる、打ち込む。

 

打ち込み終わって、あれ?この用紙に源泉徴収税額載ってない。あ、もう年末調整されてるのね、消そ。これは年末調整未、下の欄か…

紙じゃなくてデータで源泉徴収票出してくれた会社のやつを読み込む、拡張子が違う。結局直接打ち込む。

迷走しつつ年末に届いた保険や地震保険控除のハガキを入力。

 

息も絶えになりながら、最後に辿り着いた住宅借入金等特別控除申告。ここに住んでから、初めて開いた登記証明書。

言われた通りに枠を埋める、床面積?マンション全部の床面積足すの?土地代、そんなのどこに…書いてある…色んな発見をしたが何せもう終盤、へとへとになって提出送信ボタンを押した。

サマーウォーズなみに「お願いしまーーーーす!!!」と念を込めて送っといた。

 

来年はやりたくないなと思いながら、去年どうだったっけとこの記事に戻ってきて思うのだろう、何の参考にもならないと。

来年の私、頑張って!